ALLNIGHT HAPS 2016: 私がしゃべりすぎるから/私がしゃべりすぎないためにALLNIGHT HAPS 2016: 私がしゃべりすぎるから/私がしゃべりすぎないためにALLNIGHT HAPS 2016: 私がしゃべりすぎるから/私がしゃべりすぎないためにALLNIGHT HAPS 2016: 私がしゃべりすぎるから/私がしゃべりすぎないためにALLNIGHT HAPS 2016: 私がしゃべりすぎるから/私がしゃべりすぎないためにALLNIGHT HAPS 2016: 私がしゃべりすぎるから/私がしゃべりすぎないために

ALLNIGHT HAPS 2016: 私がしゃべりすぎるから/私がしゃべりすぎないために
ALLNIGHT HAPS 2016: I speak too much, So I will speak less.

企画
厚地朋子
作家
花岡伸宏,吉田朝麻,對木裕里,山下耕平
クライアント
HAPS

organizer
Tomoko Atsuchi
artists
Nobuhiro Hanaoka, Yuri Tsuiki, Asao Yoshida, Kohei Yamashita
client
HAPS

period. 2016.10.1, 2016-2017.2.12
venue. HAPS(Higashiyama Artists Placement Service)

夜から朝にかけてウィンドウ越しで作品を鑑賞することができる企画「ALLNIGHT HAPS」における2016年後期の展覧会の広報物。

移り変わっていく空の様相を,印刷機の1つのインキ壷に2色のインキを隔てて入れ,印刷機の中でインキが自然に混ざり合った状態で印刷されることで,網点の無いなめらかなグラデーションを生成することで表現した。
印刷機の中での物理的なインキの混じり合いに委ねることによって,その場でしか生まれない表現が可能になった。

year:
category: exhibition, graphic
© Kenta Shibano