紙の本棚紙の本棚紙の本棚紙の本棚紙の本棚

紙の本棚
Bookshelf made of Papers

企画
建築クロノ
選出者
服部浩之
クライアント
豊橋市役所 まちなか図書館整備推進室

organizer
Kurono Architect Studio
selector
Hiroyuki Hattori
client
Toyohashi City


「まちなか図書館」の開館を予定している豊橋市が企画する「まちじゅう図書館プロジェクト」の出展品。
デザイナーや建築家4名が制作した本棚を街中のお店に設置し,本を通した市民同士の交流を楽しむプロジェクト。

私はここで,紙資源の循環を考える「紙の本棚」を制作した。
本や印刷物は,その製造過程において多くの紙がロスしており,本自体もまた不要になれば廃棄される。
そういった「古紙」は,製紙会社へと回収されて,新たな紙製品を作るための原料として再利用される。
そうして生まれた紙製品を加工してできたのが「紙の本棚」である。 
本と本棚に囲まれた小さな空間に身を置くことによって,「紙」という資源の循環が可視化され,私たちが暮らす足元(社会)を見つめ直すためのきっかけとなることを目指した。

year:
category: identity, product, project
© Kenta Shibano